病院と家庭

取り組みはあるのでしょうか

腎不全などにより、人工透析治療が必要になると通院がとても大変です。通院して治療を行うと時間を取られてしまうので、精神的に疲れてしまう方も多いのではないでしょうか。そんな人工透析治療の取り組みについて、まとめてみます。 人工透析治療というと、一般的には通院して行うものです。しかし、実施している機関に限りがありますが、在宅透析という治療法もあります。 在宅透析とは、人工透析治療を家庭で行うというものです。定期的な通院は必要となりますが、通院時間は少なくなり、時間的な制約が少なくなります。また、透析時間を十分に取れるので、合併症などのリスクを減らすことができます。 ただ、トラブル時の不安などを伴います。メリット・デメリットを調べてから、治療法を選択しましょう。

家庭での透析治療について考えてみよう

家庭で行う人工透析治療は、どうしたら利用できるのでしょうか。 在宅人工透析を行うには、いくつかの条件があります。自己管理能力があること、介助者がいることは、必要な条件に該当します。また、機器設備の工事ができるか、その機器を置くスペースが十分にあるかという条件も必要になってきます。さらに、教育訓練を行う必要があり、しっかり知識を習得できないと、在宅での治療は難しくなります。これは、先程説明した通り、トラブル時は基本的には本人と介助者で対応しないといけないからです。トラブルが起こっても、冷静に対応できる能力が必要なのです。 在宅透析治療は、とても便利な治療法ではありますが、自分に合った治療法であるか専門家ときちんと話し合うことが必要です。