イボやシミ

紫外線の影響などで年齢を重ねると出やすくなります

顔にシミなのかイボなのかわからないものがいくつかできても、年だから仕方がないと諦めていませんか。 確かに、高齢の方の顔にはホクロが隆起したイボのようなものが出来る方が多くいます。これは俗に、年寄りイボなどとも呼ばれているようですが、脂漏性角化症という病名があります。皮膚にできる良性の腫瘍の一つです。30代、40代あたりから発症しやすくなります。脂漏性角化症は紫外線にあたることで肌が老化したり、遺伝的要因で起きる場合もあります。顔に限らず全身に発症しますが、紫外線を浴びやすい顔まわりにできることが多いようです。 脂漏性角化症は、最初2ミリ程度の小さなものが、少しずつ大きくなります。色も肌色に近いものから黒いものまで、さまざまです。隆起のあるもの、ないものもあります。

簡単な手術で、傷痕もほとんど目立たなくなります

ほおっておくと、大きくなるし数も増えて行く傾向があります。これを諦める必要はありません。治療することにより治ります。皮膚科で相談してみてください。 皮膚科では、悪性腫瘍の疑いがあれば病理組織検査もしますので安心です。脂漏性角化症の治療には、液体窒素凍結治療や炭酸ガスレーザー治療などがあります。液体窒素凍結治療では、麻酔も必要ない手術です。2週間程度で自然にイボがとれます。簡単な手術で保険適用できるので、広く行われている療法です。炭酸ガスレーザー治療は傷痕がほとんど残らずきれいですが、保険適用外となります。顔など目立つ部分には、炭酸ガスレーザー治療の方が適しているといえるかもしれません。 紫外線対策をしっかり行い、再発しないよう気を付けてください。