注目の治療方法

新しいがんの治療法です

がんの治療法は、手術によりがん組織を摘出する外科的療法と、抗がん剤を投与する化学的療法、そして、放射線療法の3つが主流となっていますが、その他にも最近注目を集めている治療法があるのです。 それは、免疫療法と呼ばれるもので、新しいがんの治療法です。免疫療法とは、患者本人が持っている免疫細胞を用いて行うがんの治療法で、次のようなメリットがあるのです。まずは、副作用がほとんどありません。そして、がん細胞の増殖を抑える効果が長続きします。さらには、進行型のがんや転移しているがんにも治療効果が期待できるのです。 中でも、樹状細胞を用いた免疫療法は、全国的にも治療実績が豊富にあり、治療を希望する方が後を絶ちません。

樹状細胞による免疫療法とは

樹状細胞による免疫療法とは、どのような治療法かと言うと、まず患者から樹状細胞の元になる単球を取り出します。そして、体外で単球を樹状細胞に分化させ、培養することでその数を増やしていきます。 樹状細胞は、がん細胞を察知して、リンパ球などの免疫細胞にがん細胞の情報を提供し、特異的にがん細胞を攻撃させる働きを持っていることから、培養して増やした樹状細胞に患者のがん細胞の情報を教え込むのです。 そして、その樹状細胞を再び患者の体内に戻してやることで、患者自身が持つリンパ球などの免疫細胞が、効率良くがん細胞を見つけ出し、攻撃することができるようになる訳です。また、患者本人の樹状細胞ですから、患者に負担をかけずに済むのです。